志賀高原志賀パークホテルを「お友達とスキー」や「ご家族で温泉」など宿泊利用の方はこちら
| HOME | 緑の教室 | 雪の教室 | 周辺観光 | 各種資料 |
| 冬の志賀高原 | スキースクール |
 

白い風景を深呼吸する
滑走のスピード感にドキドキする。
冬に息づく自然の生命力に驚嘆する?
キラキラ目映い冬の志賀高原。

 
歩いて2分!ホテル前が高天ヶ原マンモススキー場



標高1,650m〜2,300mの山々に広がる白銀のスキーパラダイス、志賀高原スキー場。その中心に位置する高天ヶ原マンモススキー場は、広大な傾斜を有し、タンネの森スキー場へ続く、静かな一帯がメインのスキー講習地になっています。豊富な雪量とパウダースノーの雪質は安全性も高く、初心者の多いスキー修学旅行には最適の条件を備え、全国から脚光を浴びています。

長野オリンピックで活躍したスキー場

長野オリンピックの男女大回転の会場だった東館山スキー場、公式練習ゲレンデだった高天ヶ原マンモススキー場など、世界の祭典で大舞台となったスキー場。ゲレンデ設備は充分に整っておりますので、安心して滑走いただけます。感動の一場面を思い出して滑る楽しさ、オリンピック選手と同じルートを滑走できる喜びを存分に味わってください。

 

志賀高原のマスコット 「オコジョ」(天然記念物)

本州中部以北の標高1,500m以上の山地にだけ生息するオコジョが志賀高原にもいます。
夏毛は茶色でお腹だけは白く、冬は白色になりますが、尾の先だけはずっと黒くなっています。体長20cm以下と、大変小さくすばしっこいので、なかなか姿は見れません。
数は減っていますが、豊かな自然を代表するシンボルとして保護されています。


歩くスキー


普通のスキー板より細くて軽い板にブーツを爪先のみ固定し、平地の雪上を歩ける「歩くスキー」。板の滑走面が魚のウロコ状になっており、後ろへは下がることなく、前にだけ気持ちよく進むことができるよう設計されています。
スピードを競うのではなく、自然を見ながら仲間と会話を楽しみながら雪山をゆっくり歩くスキーです。スキーはちょっと、という方でも大丈夫。技術や年齢を問わない気軽にできるスポーツです。お天気のいい日にお散歩気分で楽しめます。

スノーシュー

昔便利に使われていた「かんじき」をスポーティー&おしゃれにした「すのーしゅー」。通常のトレッキングシューズにセットするだけでどんな雪の上でも楽しく歩けます。爪先の固定だけで、足をスライドする感覚で前に進みます。アイスバーンでも底にあるピンで滑ることなく、快適に歩くことができます。遊び心と冒険心で、いろんな所に行ってみましょう。

 

スキーの起源 「カンジキ」

 

スキーは、フィンランドやノルウェーなどの北欧で雪国生活の必需品として考案された「かんじき」が、始まりといわれています。日本のスキーは、明治44年にヨーロッパから入ってきたものだそうです。

雪道ドライブアドバイス
  • ウォッシャー液は凍結防止に濃度を濃くしましょう。
  • 新雪が積もった時はスタッドレスの効きが悪くなります。早めにチェーンを装着しましょう。
  • 駐車場はサイドブレーキを引かないようにしましょう。(マニュアル車はローかバックに)
  • トンネルや端の上は十分に減速し、道を譲る時は見晴らしの良い場所で行ないましょう。

School Check Point

〈動物の雪上足跡〉

@リスの足跡
跳ねて走るときは後ろ足が前に出る。

Aウサギの足跡
前足の前方に後足がつく。
後足で強く蹴る為、指先の跡が強く残る。

Bテンの足跡
丸い足跡が二つ並んでつく。
尾の跡が中央につくこともある。

Cイタチの足跡
胴が長く前足と後ろ足は重ならず、指を広げて歩く。

Dタヌキの足跡
猫の足型に爪跡をつけた感じで、前足の外側に外股の後足が重なる。

Eキツネの足跡
ほぼ一直線で前足に後足が重なる。

Fカモシカの足跡
シカに似た 足跡で、前足に後足が重なる。

Gサルの足跡
親指を広げ、前足の前半分だけの後足がやや重なる。

 

Copyright ® SHIGA PARK HOTEL All rights reserved